Archive for 3月, 2012

海のお客さま

島で話題になっているお客さまがいます。

まずデカい鯨、昌明丸8号さんからの情報では、ここ数日大型の鯨が姿をみせているそうです。
船体よりやや長めというので15m前後の大型です。
発見場所は小磯指し(こいそざし)ポイントなので南風から野島方向へ1キロくらいでしょうか。
気をつけて観察していれば宿から肉眼でも十分見えるはずです。
携帯カメラで撮影したのに潜水する尻尾だけで「動画で撮れば」と悔しがっていました。
一本釣り大ベテランの昌明丸8号さんでも内湾では初めて見た大きさだったそうです。

もう一つのお客さまは渚の海ほたるです。
この時期によく見る夜光虫と思っていましたが、刺激での点滅ではなく常時点灯です。
南風前の渚の波打ちぎわで、あちこち青く光っています。
大きさは米粒よりやや小さめです。

鯨はさておき、海ほたるは誰でも観察できますので
島へお越しのお客さまはぜひ見て下さい。

・・・追記

新聞報道によるとコククジラだそうです。
個体の少ない貴重な種類で、佐久島の近辺でも目撃されました。

2012年 3月 30日 | Others | No Comments »

本日の篠島

本日の天気は朝から生コウナゴ、所によりタイラ貝、一時釜揚げコウナゴでした。

島では魚のお裾分けを「魚が降ってきた」と言います。

活気ある春の漁協市場が好きでコウナゴの水揚げを見にいったら
「持っていけ」と2隻から計60キロのぴちぴちコウナゴをいただきました。

午後から新しくした魚群探知機の試運転で海に出たら素潜り漁師さんが
南風丸に近づいて来て「なんか用かなと」思う間もなくデカいタイラ貝を
デッキへドサッと放りこんでくれました。

ごっつぁんです。

その場で一つ大きな貝柱を海水で洗って丸かじり・・・う~ん たまらん

家に帰ったらお隣のさんから釜揚げのコウナゴをいただきました。
ミチタカさんちは南風の一軒隔てたお隣さんで、大声を上げれば通じ、お電波は不要です。

解禁したばかりのコウナゴより、やや大きくなり脂が乗ったコウナゴは大好きです。
加えてプロの加工技術が光る一品でここだけの、この時期だけの幸せです。

本日お泊りのお客さまにも「島の春」をお楽しみいただきました。

しっとり風情のある春雨も良いですが、こんなものが降って来る日も良いものです。

2012年 3月 27日 | People | No Comments »