本日の篠島

本日の天気は朝から生コウナゴ、所によりタイラ貝、一時釜揚げコウナゴでした。

島では魚のお裾分けを「魚が降ってきた」と言います。

活気ある春の漁協市場が好きでコウナゴの水揚げを見にいったら
「持っていけ」と2隻から計60キロのぴちぴちコウナゴをいただきました。

午後から新しくした魚群探知機の試運転で海に出たら素潜り漁師さんが
南風丸に近づいて来て「なんか用かなと」思う間もなくデカいタイラ貝を
デッキへドサッと放りこんでくれました。

ごっつぁんです。

その場で一つ大きな貝柱を海水で洗って丸かじり・・・う~ん たまらん

家に帰ったらお隣のさんから釜揚げのコウナゴをいただきました。
ミチタカさんちは南風の一軒隔てたお隣さんで、大声を上げれば通じ、お電波は不要です。

解禁したばかりのコウナゴより、やや大きくなり脂が乗ったコウナゴは大好きです。
加えてプロの加工技術が光る一品でここだけの、この時期だけの幸せです。

本日お泊りのお客さまにも「島の春」をお楽しみいただきました。

しっとり風情のある春雨も良いですが、こんなものが降って来る日も良いものです。

2012年 3月 27日 | People



Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ