苦労した一日でした。

潮と風が悪く、船頭泣かせの一日でした。
最後のポイントで大物7匹をゲット。
一日じっと耐えた釣り人への神様からのプレゼントでしょう。

山さんは前日、深夜の連絡にもかかわらず駆けつけてくれました。
せっかくなので、山さん大物をゲット画像もひっつけちゃいます。
撮影は不慣れな南風亭主です。

2012年 5月 08日 | fish on ! and Friends



2 Responses to “苦労した一日でした。”

  1. 山 信彦 on 09 5月 2012 at 10:04 PM #

    昨日はお世話になりました。潮と風を目と肌で感じつつ、指先に伝わるエビの動きに神経を集中させての釣りは、乗合船の竿とリールを用いる釣りとは別次元でした。何とか最期にスズキを2本あげることが出来ました。手元でバラしたのは文字通り『逃がした魚は大きい』とのことわざ通りで、後になって悔しさが募りました。

    手取り足取りのご指導有難うございました。次は自分の判断で大物を取り込むことも出来るでしょう。又の機会をよろしく。

  2. 南風 on 09 5月 2012 at 11:53 PM #

    風と潮に翻弄された一日でしたが、それなりの一日でした。
    スズキは狭いポイント、タナ取りの難しさ、最後まで気の抜けない
    取り込みが面白い釣りです。
    大物のバラしは、自分も何度も経験しました。
    そんな時は「こいつ(逃げた魚)は殺生せずに済んだ」と思って
    悔しさを紛らわせます。

    画像で改めて見ると、もう何も言う必要はないような気がします。
    次回は一人でタモに入れるまで挑戦しましょう。
    (本来二人で釣っている時は相方がすくうのですが、まず自分で
    やってみると色々なコツがつかみやすいです)

    明日も早朝に出ますが10時に戻らねばならないので、一日出れる日に
    連絡します。
    またスズキ独特の目の覚めるようなアタリを楽しみましょう。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ