今年は神宮の式年遷宮です。
通常10月12日の篠島のおんべ鯛奉納は本年に限り御遷宮のため9月の10日です。
本年も奉納おんべ鯛を調製する包丁の研ぎを頼まれました。

この包丁は神宮から支給され、柄には神宮司廰の焼き印があります。
大鯛も扱うためにかなりダメージがあり手持ちの中では一番荒い
240番からの研ぎになりました。
鋼はたぶん白二Bか白三で研ぎやすい包丁ではあります。
240番から400番、800番、3000番と研ぎ進み最後は一番左の天然砥で仕上げました。
裏はセラミック砥石ではなく普通の6000番できれいにカエリは取れました。

出刃を天然の合わせ砥で仕上げる必要は無いのですが
1000年以上続く伊勢神宮への篠島おんべ鯛奉納で使う包丁は
先人もきっと天然の合わ砥での仕上げまでやったはずです。
無駄と思えるほど手間をかけて最高の鯛を用意し調製する。
それが島人の神宮への思いなのです。

2013年 8月 29日 | People



2 Responses to “”

  1. 山 信彦 on 30 8月 2013 at 10:32 PM #

    篠島の方々の思いを込めてのご奉仕ご苦労様でした。鯛も順調に上がっていますか。ルアー船では結構あがっているようですが。9月10日まではいろいろお忙しいことでしょうが、ご自愛ください。

  2. 南風 on 03 9月 2013 at 1:33 AM #

    山さま

    コメント、ありがとうございます。
    20年に一度の御遷宮は島にとって一大事業です。
    1000年重ねられた伝統こそ絶対のものです。
    そのことの価値とか信仰心はもう思考の外です。
    ただただ後につなげることが今ここに生きる自分たちの義務と思っています。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ