伊勢湾のコウナゴをたっぷり食べていました

小さなもので1.2キロ、大物は70センチ、3.4キロでした。
36名さま分の刺身です。

昨年購入した酔心の6寸出刃でさばきました。
切れ味については三枚おろしから最後の梨割りまで終えても不満はありません。
3.4キロの梨割りには長さ不足気味ですが、苦もなく割れました。

酔心独特のやや深めの裏すきと刃付けは文句無しです。
初めて手にした時は「出刃がこんな細い裏で大丈夫か」と思うほど繊細な刃付けでした。
不安はありましたが切り刃の角度ときれいなはまぐりが気に入って
砥石を当てずにそのまま使い始めました。
購入時のままで研がずに使い始めた包丁は他に記憶がありません。
皮引きに使うトウジロウの9寸がおもちゃに見えるくらい力のある出刃です。

手に馴染むまで、この包丁に引っ張られそうです。

2011年 3月 09日 | Others



2 Responses to “伊勢湾のコウナゴをたっぷり食べていました”

  1. 海豚親方 on 09 3月 2011 at 10:53 PM #

    酔心の柳は使ってましたが、この鋼材なら、薄刃や出刃が合いそうと感じました。柳刃に着いては有る意味究極のナマクラ包丁(笑)
    薄刃や出刃ではかなり高い評価が出来るかと思います。うーん欲しく成ってきました。

  2. 南風 on 10 3月 2011 at 8:31 PM #

    海豚親方さま

    コメントありがとうございます。

    酔心のINOXうす引きを使っています。

    究極のナマクラ包丁(笑)・・・・・(笑)

    INOXうす引き新品をどこまで薄く研げるのか試しました。
    ややはまぐり気味だったのを、ベタ研ぎにしたら腰抜けになりました。
    しかたなく一度刃を殺して(刃先を直角に砥石に当てて研ぎ)再度研ぎ直しました。
    青二よりやや鈍くして軽く糸引きを入れて使っています。
    仕上げはセラミックの3000番と、やや荒めで終えるとまずます切れます。
    一見甘そうに見えて、意外に切れは長持ちします。
    青や白の本焼きのように薄くは仕上げられませんね。

    当たり外れが多い包丁でも今回の出刃は当たりに分類出来る出刃です。
    六寸ですが大きな魚をさばいても実際より刃渡りを長く感じます。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ