南風丸 釣果 (篠島・野島沖)

台風後、二度目の釣りです。
9時頃、出港しました。
大潮の下げ潮で、潮がぬるくなる11時頃までは、釣りにならんだろうと錨を入れました。
すぐクロダイが釣れました、少しずつ撒き餌をしながら根気よく立ちを探ると
海底から4ヒロジャストで塩焼きサイズから3〜4名さまの活き造りサイズが入れ食いになりました。
いつものふかせ釣りではなく30号のオモリをつけた一本針仕掛です。
2時間ほどで鯛、クロダイ、ハマチ、カンパチで魚倉がにぎやかになりました。
潮がぬるんだら爆釣だとほくそ笑んでいましたが予想に反して一番食いそうな潮ぬるみになったら
アタリが遠くなり一時頃までは忘れた頃に一匹という食い渋る魚との駆け引きでした。

1時半に同じポイントを満ち潮側から攻める錨を入れました。
まだ船が反対側を向いた状態から釣れ始め3時半に錨を上げるまでねばり
合計で、鯛が31、クロダイが8、ハマチが9、カンパチが3、銀フグが4、マナジ2でした。
大物は一匹も無くタモは乾いたままで一日を終わりました。

赤も黒も大きめは刺身、小型は塩焼きになります。
塩焼きは両方とも試食しましたが、脂が乗り、身が弾けて美味いです。
活き締め、即焼きは、ここでしか食べられません。
これぞ本物の鯛の味です。

銀フグは煮付けにして夕食のメインになりました。

陸の方も市場でアジ、釣り天国付近で大型メジナ(数は出ません)
宿前で良型キスとセイゴが釣れ、小型ながらもアオリも活発です。

沖も陸も篠島の釣りは秋真っ盛りです。

2011年 9月 30日 | fish on !



2 Responses to “南風丸 釣果 (篠島・野島沖)”

  1. 山 信彦 on 02 10月 2011 at 9:51 PM #

    随分ご無沙汰しています。台風の予想はピッタリ当たりましたね。気象情報より早く、正確でした。海に生きる人の感性に改めて敬意を表します。

    久々の南風丸の成果を拝見しました。遊漁船の成果を見ても、今年は小鯛(失礼)とハマチが例年になく多いですね。イサキもそうですが、何が原因で魚が多くなったのでしょうか。ハマチは養殖の割が合わなくなり、幼魚の捕獲が少なくなった精かとも思われます。先月イサキねらいで出たのに、ハマチの方が多く、ダブルやトリプルのこともありました。

    鯛の季節です。思わしくない釣果の時もレポートお願いします。

  2. 南風 on 02 10月 2011 at 10:33 PM #

    山さま

    コメント、ありがとうございます。

    台風がやや東へそれたので、少し楽でした。
    それでも北西に回った風は凄まじかったです。
    雨にぬれた浜の砂さえ巻き上げられていました。

    この釣果は鯛シーズンに入ってから二度目の出港でした。
    まだ自分のポイントにエサを撒くのがメインで釣果はオマケです。
    せっせと海を耕しています。
    例年のパターンでは、エサを撒き始めた一日目は、鯛の顔が見えるか見えないかの釣り、二日目でそのポイントが今年も釣れるかの分かれ目、
    気配があれば三日、四日と続けて、ようやく本来の釣りとなります。
    二日目からなんとか釣れたので今年もまずますと予想しています。

    塩焼きサイズから1キロくらいのサイズは多いようですが、まだ6キロクラスは
    あまり釣れていません。
    冬型の天気図で北西の風が数日続けば、大鯛も顔を見せてくれると思います。
    素潜り漁師さんの話では大物もよく見えるそうなので、ちょっと期待を持っています。

    ここ数日、エビ引き漁船が出漁していないので活きエビが入手出来ません。
    せっかく二日間エサを撒いたのに魚が散ってしまわないかイライラしています。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ