南風丸 今日の釣果

あまり良い情報はありませんでしたが、11時半出港しました。
満ち潮オンリー狙いで出たところ、潮汐表を読み間違えて2時間ほど下げ潮が残っていました。

ナニが幸いするかわからないものです。
狙いの満ち潮ポイントに錨を入れて2時間くらい寝るかと考えましたが
せっかく来たのだからと期待せずに錨を入れた久しぶりの下げ潮ポイントがビンゴでした。

スズキが2.7キロを頭に4、いいサイズのイシガレイが2、アイナメが3
クロダイ1、釣り仲間でワニと呼ぶ大型のマゴチ1
とどめは、そろそろ満ち潮ポイントに移動するかと考えていた時に小さなアタリに身体が反応しました。
腕が止まるような重量感にマダイとすぐ分かりました。
ぬるい潮に合わせて錨が魚礁のすぐ近くだったので根切れされないように強引に寄せました。
海底の魚礁に少しでもハリスか道糸が触れれば即切れです。
帰って測ったら4.3キロでした、ハリスは5号でしたが、よく切れなかったものです。

満ち潮ポイントに移動してからは、僚船は大型スズキと特大ヒラメを釣りました。
自分はまったくアタリなし、3時間ほど我慢しましたが満ち潮の釣果0でした。

自分の釣りの楽しさは「狙った時に狙った場所で狙った魚を釣る」これに尽きます。
半日にしては、まずまずの釣果と言えど、ことごとく外れた半日に気分がすっきりしません。

今朝、南堤で良型メバルをコンスタントに釣り上げる人がいました。
竿は21尺の振り出しで仕掛は竿より60センチほど長め、エサは湖産エビでした。
ぶれない竿先や静かな仕掛の投入、やわらかな合わせ、
無理の無い姿勢など、かなりのベテランのようでした。

今日は雨後ながら水温は21度で、アオリ、キスなども本格的シーズンインと言えるでしょう。
今日も沖で何度か活きエビの背中をかじられました、アオリは来ています。
産卵のために浅場に上がって来た大物です、ぜひアオリもチャレンジして下さい。

2011年 6月 03日 | fish on !



Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ