堺一文字光秀

尺の柳刃を2丁、V10の霞と白二鋼の水本焼きをネットから注文しました。
V10はさっそく自分の使い勝手に合わせて研ぎ、何度か使いました。
どこまで薄く研げるか限界まで試しました。
非常に分かりやすい(使いやすい)包丁です。意外だったのは研ぎで
自分が持っているどのステン系の包丁より研ぎやすい、と言うか
好みに合わせて研げる素材でした。
鋭く滑らかに仕上げたいと思えば天然の合わせ砥で素直に仕上がるし、
きりっとしたかかりで切り込もうと思えば、やや荒めのセラミックの5000番で
イメージ通りに研ぎ上がります。
青二の本焼きと比べても切れ味に遜色はありません。
V10の本焼きだったらどうなんだろうと言う気がします。

40名さまの刺身を引くと、今の柳刃では最後の方で二丁目に持ち替える場面がありました。
このV10では苦もなく引き終え、このまま次の日も砥石を当てないで使えるくらいです。
もう一丁の白二の水本焼きは、少し気になる部分があったので使わずにメールをしたところ
「確認するのですぐ送り返して下さい」と言われました。
その後の対応は素晴らしかったです。なぜそうなのかという技術的な説明をしていただき、
結局別の一品を送っていただく事になりました。
すでに「南風」の二文字が刻まれた包丁だったのでちょっとした修正で済むと思っていたのに
予想外の対応でした。

メールから勝手に引用します

使い手に合わせるのが 道具を作る者の役目であると思います。
仰っておられるように 作った道具を生かすも殺すも使い手にかかっていますからできるだけ
御要望にあわせた包丁を作っていきたいです。
どんなささいなことでも おっしゃっていただけましたら職人に伝えまして勉強させて頂きます。

以上引用

高価な道具なので店頭で手に取ってと思いましたが、なかなか時間が取れずにネットからの注文でした。
包丁の問題と言うより、どちらかと言えば個人の好みの範疇でした。
些細な事でメールなどせず日々の研ぎで自分の好みに育てた方が良かったかもしれません。
鍛冶職人、研ぎ師など幾人もの人が丹精込めた一丁の柳刃が廃棄されるかも、と思うと後悔が残ります。

堺一文字光秀・・・研ぎすました切り刃のような緊張を持って商いをしています。

自分も常にかくありたいと強く思います。

2011年 8月 29日 | Shop & Travel



5 Responses to “堺一文字光秀”

  1. 海豚親方 on 30 8月 2011 at 8:02 PM #

    銀三はもう一つですし、イノックス本焼もシャキットした感じがでないのが・・・V10はかなりいい感じです。一文字のグリーンラインもかなり良いのですが、VG1のサブゼロ処理の本焼もどきですが、素材が少し荒く、V10と比べと石ののりが一番手違います。もちろん鋼と比べる物ではありませんが、普段使う錆びない物として悩みます。機会があればグリーンラインもお試し下さい

  2. nanpuu on 30 8月 2011 at 10:00 PM #

    海豚親方さま

    コメントありがとうございます。

    銀三は使った事はありませんが、他の人の評価を聞くと自分には合わないような気がします。
    イノックスは・・・それなりです(笑)
    グレステンの筋引きは仕上げの精度、薄く研いだ切り刃の強度はかなりのものです。
    ふぐ引きにも使えるかもしれません。
    しかし切れるだけで柳刃の代わりが出来るかと言えば、やはり邪道でしょうね。
    グレステンのサイトを見ると柳刃も作っています。
    試してみたい気がしますが、かなり高価です。

    その昔、初めて研いだ柳刃が白の霞でした。
    包丁も変わり今の切れには遠く及ばないと思いますがその時の「切れる」という感動は
    今も強烈に残っています。
    すべてはそこから始まったような気がします。
    今は色々な場面に合わせて数種類の柳刃を使っています。
    90の切れで出来る仕事もあります、95くらいで長切れを目指す柳刃もあります。
    しかし原点に返ってもう一度、白の本焼きで一名さまの数切れの刺身を引くだけでもいいから
    100の切れ味を出してみたいという思いを抑え難く新たに購入しました。

    女どもが使う包丁は10丁くらいありますが、わけのわからん包丁ばかりです。
    ステン板に柄をつけたような永遠にカエリが取れない包丁もあります。
    それなりに使い分けているようですが一本くらいはちゃんとした包丁を、と考えていました。
    グリーンラインを一本試して女どもの反応を見てみます。

    研ぎを頼まれると砥石からブーイングが聞こえるようですごい苦痛(笑)

  3. ポポミーチャン on 10 9月 2013 at 11:08 PM #

    突然失礼致します。私も、V10本焼を、一文字光秀から購入しました。
    少し気になる部分が有り、メールで問い合わせた所、送り返してくれ!との返事。
    職人に伝え、包丁の調整をしてくれている途中です。
    きちんと、対応していただき、嬉しく思っています。
    後は、完成度の高い、心の伝わる包丁になり、返って来ることを、楽しみにしております。

  4. 南風 on 14 9月 2013 at 9:22 PM #

    ポポミーチャンさま

    コメント、ありがとうございます。
    やはり本焼きですね。合わせではステン系も炭素鋼もやはり地金部分の
    まとわりが気になります。本焼きでは切り刃全面がほぼ鏡面になるので気になりません。脂っぽい身なら良いのですが締めたてのマゴチの薄造りは包丁を替えます。
    一文字光秀のV10は焼き鈍しで硬度を意識して落としているような気がします。
    絶妙の硬さで切れ味と研ぎやすさが同居しているよい包丁です。

  5. グリーントライボ on 16 10月 2013 at 8:38 PM #

     たしかにここでYSS日立ヤスキハガネの出番でしょう。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ