Archive for 6月, 2011

ワンちゃんとお泊りのお客さまへのお願いです

南風がワンちゃん連れのお客さまをお迎えするようになってからもう7年目です。
家族は犬が好きでしたが、ペット連れのお客さまをどのようにおもてなしするかは手探りでの出発でした。
いわば、アマチュアペット宿というところでしょうか。

ペット連れの旅は、こんな事に不安があるとか、こうしたら快適に過ごせるんじゃないか、とか
試行錯誤7年にして、ようやく自然体でワンちゃんも迎え入れることが出来るようになりました。
そこで心苦しいお願いですが、無料であったワンちゃん有料化したいと思います。

やはり施設の損傷は一般客室の場合より進みます。
特に畳の表替えなどは一般客室の二倍の頻度となり、毎日の清掃も時間がかかります。
他のお客さまに気兼ねなくお食事を楽しんでいただきたいという思いから
朝食もお部屋に用意するなど、駆け出しペット宿として努力して来ました。

このような時期に本当に辛いお願いです。
これまで無料であった小型ワンちゃんを本年度9月1日のお泊まりから一頭あたり一泊¥840、大型ワンちゃんを¥1240と改訂させていただきます。
過去7年の施設維持費、人件費を精査して決定しました。
大型小型の区別は10キロを境にお客さまの申告で区分します。

ワンちゃんと海の休日をより快適にお過ごしただくため、さらなる努力をしてまいります。
よろしくお願いします。

                                                                                            南風         亭主  女将

2011年 6月 25日 | Others and Shop & Travel | 2 Comments »

ずれていると言うか不調と言うか下手と言うか

何なんでしょう?

一昨日は夜釣りで、沖の瀬へ走りました。
日が落ちてまもなく一投目から明快なアタリをあわせられずがっくり。
その後も何度もアタリはありましたがことごとくバラしばかり。
仕掛を変えても変化無く、結局夕方から11時までで1.5キロ前後が3匹だけでした。
アタリは15回くらいあったと思います。
釣り船に乗っている素人さんが結構上げているのに歯ぎしりで顎が痛くなりました。

今日は今日で、午前中は観光協会の仕事があったので遅い昼飯をかっ込んで出ました。
ぬるい下げ潮に6ヒロで持っていた道糸が跳ねるようなアタリに合わせたら
かなりの大物でしたが水際でバラしてしまいました。
1キロ前後を2匹釣った後に、また大物がきました。
カチッ☆という目の覚めるようなアタリで大きく合わせるとがっちり掛かりました。
大スズキと思い込んでいたのが間違いの元でした。
強引に引き寄せ「おや?」と思ったら赤い姿が見えました。
強引な寄せは大鯛ではタブーです。
まずい、ととっさに鯛の寄せにかかったらいきなり走り出し、道糸を踏んでいたので
あもすも無く切られました。
その後すぐまたひったくるような鯛と思われるアタリがありましたが掛けそこないがっくり。
こんなに大物をバラしてはもうこのポイントはダメと、あきらめました。
いい潮でなんとか船もポイントに立っていたのに残念無念でした。

小潮の下げ潮で、しかも風は南で最悪のコンディションに漁師は皆上がった3時頃
このままで帰るのは業腹と、風に船を立てて、魚礁を真乗り越しに錨を打って再度挑戦しました。
プロなら、誰もやらないような荒技で強引に船をポイントに据え、魚礁の角で錨が切れないか心配しながら仕掛を流しました。
開き直りがよかったのか、下げ潮が完全に無くなるまで2時間で6匹を上げました。

釣果としては2〜3キロ前後が3匹、1〜1.5キロの中サイズが6匹、お呼びでないクロダイが2
半日の釣果としては悪くありませんが、いかんせん失敗が多すぎました。
夜釣りと日中のアワセの違いが感覚を狂わせたのか、大物でも小物でも
無意識に身体が反応して取り込みまで淡々とこなす普段の冷静さがまったく無い一日でした。

まだまだ修行が足りません。
色々なコンディションでも一日の結果を出す一本釣り漁師の技は偉大です。
自分も船釣りは四半世紀を越えます、漁師さんを越える釣果の日もあります。
しかしまだまだ一本釣り道の奥義にはほど遠いです。

2011年 6月 24日 | fish on ! | 2 Comments »

篠島の海水浴場

海水浴のシーズンが近づきました。
明日からネット張りなどの準備が始まります。
6月26日の安全祈願の海開きから本格的にシーズンインです。
東向きの800mに及ぶ天然の白砂の渚は島の宝物です。
今年もまぶしい陽射しの下で子供たちの歓声が響くでしょう。

名古屋から一時間余りの距離ながら初めてのお客さまは、送迎の車から渚の景色が広がると
手つかずの自然そのままの風景に驚かれます。

渚の両端は磯となり、珍しい色とりどりの生き物も観察できます。
これも篠島の海水浴の楽しみの一つにお加え下さい。

2011年 6月 15日 | Gallery & photo | No Comments »

島の祭りに参加しませんか?

7月9日、祇園祭の最大の見物、島の漁船による野島参り・・・船団パレードが行われます。
今年は篠島漁協のご好意により、ご宿泊のお客さまにバレードの漁船に乗船していただけます。
多くの人に美味しい魚を食べてもらいたいという島の漁師の心意気を肌で感じて下さい。
抽選で50名さまをご招待します。勇壮な島のお祭りに、ご参加ください。

9時30分        漁協市場から乗船、出港(港まで送迎します)
10時             花火を合図にパレード開始
11時40分      帰港(宿まで送迎します)    

島の子供たちもマーチングでパレードを盛り上げます。

注意事項

※お申し込みは2~6名さまでお願いします。
※主催者用意のライフジャケットの着用をお願いします。
※お子さまは小学生以上で同人数以上の成人保護者の同乗が必要です。
※神事ですので緊急時以外の中途帰港は出来ません、トイレなど事前にすませて下さい。
※2時間ほどのクルージングとなります、船酔いされる方はご遠慮下さい。

受付窓口は、 篠島観光協会
電話   0569-67-3700 10時~12時 13時~16時(月曜日を除く) 
メール  info@shinojima-aichi.com

2011年 6月 11日 | 未分類 | No Comments »

南風丸 釣果 (夜釣り)

一昨日と昨日、6月に入って解禁となったスズキの夜釣りに出ました。
ポイントは宿前に見える渥美半島沖で、南風丸で15分ほどです。
二日とも7時の天気予報をチェックしてから出港しました。

一昨日が12時までで4キロを頭に4匹と40センチ越えのソイがありました。
メバル釣りの外道でアズキマスやノソ、ソイなど、顔は見た事がありますが
40センチ越えは初めてです。

昨日は東が白む3時半まで粘り、4.6キロを頭にきっかり10匹でした。
昼のスズキも面白いですが、真っ暗な海で一人ぽつんと船の下にいるであろう
大物と向かい合うと、昼と異なるアワセの難しさ、スリリングな取り込みが面白い釣りです。

仕掛けは胴付き一本針仕掛けでオモリは20から30号、ハリスは7号、針は伊勢尼の15か16号です。
一本釣りの漁師は2本針の人もいますが、下針に食った時のやり取りを考えると危険すぎて自分は一本針です。

昨夜、なんとかタモに入った大物を持ち上げた時に膝を背びれ(たぶん)のトゲに刺され激しく腫れました。
痛みは一日でひきましたが2時間ほど寝ただけなので頭の中が曇っています。


スズキも4キロを越えると大鯛に勝る迫力があります。


ソイです、姿を見るまでめったに見ないほどの特大黒鯛と思っていました。

頭がぼーっとしながらも、ちゃんと画像を撮る・・・釣りにはこういう勤勉さ&コマメさが必要ですぞ。

2011年 6月 07日 | fish on ! | 3 Comments »

南風丸 今日の釣果

あまり良い情報はありませんでしたが、11時半出港しました。
満ち潮オンリー狙いで出たところ、潮汐表を読み間違えて2時間ほど下げ潮が残っていました。

ナニが幸いするかわからないものです。
狙いの満ち潮ポイントに錨を入れて2時間くらい寝るかと考えましたが
せっかく来たのだからと期待せずに錨を入れた久しぶりの下げ潮ポイントがビンゴでした。

スズキが2.7キロを頭に4、いいサイズのイシガレイが2、アイナメが3
クロダイ1、釣り仲間でワニと呼ぶ大型のマゴチ1
とどめは、そろそろ満ち潮ポイントに移動するかと考えていた時に小さなアタリに身体が反応しました。
腕が止まるような重量感にマダイとすぐ分かりました。
ぬるい潮に合わせて錨が魚礁のすぐ近くだったので根切れされないように強引に寄せました。
海底の魚礁に少しでもハリスか道糸が触れれば即切れです。
帰って測ったら4.3キロでした、ハリスは5号でしたが、よく切れなかったものです。

満ち潮ポイントに移動してからは、僚船は大型スズキと特大ヒラメを釣りました。
自分はまったくアタリなし、3時間ほど我慢しましたが満ち潮の釣果0でした。

自分の釣りの楽しさは「狙った時に狙った場所で狙った魚を釣る」これに尽きます。
半日にしては、まずまずの釣果と言えど、ことごとく外れた半日に気分がすっきりしません。

今朝、南堤で良型メバルをコンスタントに釣り上げる人がいました。
竿は21尺の振り出しで仕掛は竿より60センチほど長め、エサは湖産エビでした。
ぶれない竿先や静かな仕掛の投入、やわらかな合わせ、
無理の無い姿勢など、かなりのベテランのようでした。

今日は雨後ながら水温は21度で、アオリ、キスなども本格的シーズンインと言えるでしょう。
今日も沖で何度か活きエビの背中をかじられました、アオリは来ています。
産卵のために浅場に上がって来た大物です、ぜひアオリもチャレンジして下さい。

2011年 6月 03日 | fish on ! | No Comments »