台風なんかに負けてたまるか

台風の影響が出ると確実になった一昨日から、ご予約をいただいていた
お客さまに電話をしました。
せっかくご予約をいただき、海水浴を楽しみにしていたのに残念ながら
海水浴が出来るような天候ではない事、遊泳禁止になるかもしれない、
またお帰りの観光船が欠航になるかもしれない事、などなど。
ご予約をいただいていた多くが子供たちを海で遊ばせてやりたいというご家族です。
普段は心地よい子守唄のような波音も、今は地響きのように吠えています。
大荒れの海を見たい、というマニアックなお客さまは少ないと思います。
(自分は強風によろめきながら荒れ狂う海を見るのは好きですが)

よって今日は閉店です(笑)

昨夜のお客さまをお送りしてから、台風に備えて南風丸の時化つなぎやら
テラスのパラソル、椅子、テーブル、自転車をロープで固定したり
プランターを屋内への退避させたりの一日でした。
台風接近となれば毎度の作業ですが、大震災前と台風に対する気持ちが明らかに変わりました。
以前は、なす術の無い自然の猛威に戦々恐々としながら備えをしていましたが
今回は「台風なんかに負けてたまるか」という気持ちが加わりました。
台風と比べ物にならない規模の大災害の悲しみを乗り越え、復興という二文字に立ち向かっている
東北の皆さまからいただいたパワーであると思います。

まだ雨は始まっていませんが、渥美半島のふところに避難する大型船の灯が増えて来ました。
明日は今日以上の大時化でしょう。
自然の猛威を前にして人の能力など哀れなほど小さくとも
こんな時こそ東北人が見せてくれた冷静さと勇気を見習いたいものです。

2011年 7月 19日 | People



Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ