南風丸 篠島釣果 カメラマン(山氏)同行

昨日とはうって変わり潮もおとなしく、アオリ攻撃も少なめでした。
前日から約束してあった山さんを乗せて、いざ海へ。

最初のポイントは下げ潮がぬるめばと1時間ほどねばりましたが
魚っ気が感じられず、大物は無いもののちっこいセイゴや小鯛が多い
浅いポイントに引っ越しました。
期待に違わずしばらくはセイゴが入れ食いで30くらい釣りました。
3ヒロから8ヒロくらいの目の前で釣れるので
山カメラマンのふかせ釣りの慣熟にはもってこいでした。

下げ潮もぬるみ、まだ満ち潮まで1時間くらいあるものの
昨日ボウズをくらったポイントに錨をいれました。
ここでも潮はおとなしく、もう下潮は満ち潮方向への流れでした。
期待していた潮の来始め1時間に大物は無く、上がるのは塩焼きサイズの鯛ばかりでした。
2時頃ようやく良い型が(1.8キロ)釣れました。
その後は2.1キロを1匹釣り、一日の釣果としては山さんと合わせて
鯛の2キロクラスが2、黒鯛が9、セイゴ、スズキが34、カサゴ1、メバル4
ハマチ5、お造りには小さく、塩焼きには大きすぎる中途半端な鯛が14でした。

1.8キロの鯛がヒットした直後からカメラマン山さんに撮ってもらいました。
ハリをする(空気袋の圧力を抜いて調整する)作業も分かりやすく映っています。

出来れば5キロくらいの方が絵になったのですが、今日はかなりの大物を
2度バラしてしまいました。

苦労しつつもなんとか結果の出た一日でした。

2011年 10月 28日 | fish on !



2 Responses to “南風丸 篠島釣果 カメラマン(山氏)同行”

  1. 山 信彦 on 29 10月 2011 at 6:41 AM #

    本日は大変貴重な経験をさせていただきました。手釣りも初めてでしたし、職漁師さんと船を並べての釣りも初めてでした。舷側が高く、重い錘を使う乗合船ではあまり分からない潮の向きや早さも良く分かりましたし、付け餌が撒き餌にまぎれて流れていく様子も手に取るように分かりました。

    海での大物釣りなのに、池や川で使う板鉛をほんの少し、付けたり外したりして微妙にタナを探る繊細さにも感動しました。篠島でも手釣りをなさる方はもう僅かとか、伝統の技が継承されるよう願いますが、知恵と経験を重ねつつ身に着けていく修行は、若者には受け入れられないのでしょうか。

    ビデオが上手く取れたか不安でしたが、引き寄せ取り込む様子、又空気を抜くところも何とか写っていてほっとしました。

    貴重な体験をさせていただき、本当に有難うございました。

  2. 南風 on 25 11月 2011 at 10:55 PM #

    山さま

    ご苦労様でした。

    たかが釣り、されど釣り。
    自分の釣り歴を思い返せば、他では学び得ない事も
    多く教えられてきた気がします。
    釣りという行為をあまり重く考えないようにしていますが
    時々悟りの境地に入りそうになります。
    職人が悟ったら終わりなので出来るだけ悟らないようにしています(笑)

    やっと念願の釣りそのものの動画がアップできました。
    今年の秋の釣りも終盤です。
    もっとスリリングな春のスズキ釣りも、また一緒に海に出ましょう。

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ